【海外でショッピングを楽しみたい人必見】ドバイ旅行が注目されている5つの理由

ドバイ

砂漠と海に囲まれた街ドバイは近年のめまぐるしい都市開発により発展を遂げ今では世界でも有数の観光スポットとなっています。都市部では豪華なホテルやお店が立ち並び少し離れると砂漠や海といった自然が堪能できます。またモスクやスークといった中東ならでは文化が存在するため非常に観光場所も多く旅行を満喫できることでしょう。

ドバイってどこ?

ドバイはアラブ首長国連邦の中の首長国の一つ。名前の通りで7つある首長国の集まりの一つとして存在しアラブ首長国連邦の中でも第二の中心都市です(第一位はアブダビ)。21世紀から急速に発展し今では超高層ビルや巨大ショッピングモールが建設されたりして非常に注目を集めています。

ドバイの魅力ポイント

ドバイといえば油田によって経済的にも大きく発展を遂げており有名ですが私がドバイ旅行を勧めたい理由としては
下記です。

  • わりと低予算で行ける
  • ショッピングを十分に満喫出来る
  • 観光スポットが多い
  • アクティビティも豊富
  • 治安がよい

一つ一つみていきましょう。

わりと低予算でいける

旅行時期やスケジュールによって変動しますが私の場合、旅行会社の3泊4日のパッケージプランで10万円切るくらいの価格で行けました。パッケージプランですとガイドもついてますし初めて海外旅行に行く人も安心していけると思います。ドバイの物価は日本と比べ高くないので費用としてはホテル代が多くかかるケースが多いです。ホテルやスケジュールにこだわりがそれほどなければ旅行会社のパッケージプランでいくとよいでしょう。
ドバイの人気&おすすめホテル☆

ちなみに私は下記のスケジュールで旅行に行きました。

【1日目】深夜に成田空港発⇒早朝にアブダビ到着
【2日目】モスク参拝・ドバイモールで買い物
【3日目】ゴールド・スークで買い物、砂漠ツアー
【4日目】博物館・バージュ・カリファの最上階見学
【5日目】帰国

ショッピングを十分満喫できる

ドバイモール
ドバイには世界最大のショッピングモール「ドバイ・モール」があります。総面積約111.5万平方キロメートル(東京ドーム23個分)店舗は1200店舗が存在し水族館やスケートリンクなんかもあります。スケートリンクなんかはほんとに中東かと思わされるほどでインパクトが強く残っています。広すぎて目的の場所までにたどり着く移動が大変なのがネックでしょうか。ただウインドウショッピングも楽しめるので1日いてもすべて回りきれないほどの広さですので目的のものは何かしら購入できることでしょう。

ドバイモール 雪

ドバイで雪景色!!まさに異世界でした・・・

ドバイおすすめ観光スポット

・バージュ(ブルジュ)・カリファ

バージュカリファ
世界一高い高層ビルです。高さは828mにもなりますからスカイツリーよりも高く全206階建てにもなります。世界一の高さということでこれを見るだけでもドバイに来た甲斐はあるというものでしょう。ドバイモールからも非常に近い距離にあるため買い物と観光を同時にできるのがいいところですね。屋外の展望台にのぼりましたが下が吹き抜けになっており高所恐怖症の人にはあまりできませんがドバイの街並みを見ることができ発展しているところと開発途中の場所が見えたりと見ていて非常に面白かったです。

・モスク


モスクとはイスラム教徒が礼拝するための建物です。イスラム教では1日に5回礼拝する時間があり、時間になると多くの人がモスクにきて礼拝をおこないます。イスラム教は偶像崇拝ではなく聖地メッカの方向を向いて礼拝をおこないます。幾何学模様の天井や装飾が施されており非常に神秘的な雰囲気が漂っていました。ドバイに来たら足を運んでみてほしいスポットです。

・ジュメイラ・ビーチ・パーク

ドバイ ビーチ
ドバイといえば砂漠でビーチのイメージがない人も多いのではないでしょうか?アラビア湾の全長800mほどの透明度が高い鮮やかなビーチがあるのでビーチ好きな人にとってうれしいスポットです。9月~11月くらいに行くと海水も程よい温度になるので最適なシーズンです。また公園も隣接しているので泳いだ後は芝生で休んだり、ピクニックやBBQしたりすることも可能です。

またビーチからは7つ星ホテルである「ブルジュ・アル・アラブ」が目の前にありお金に余裕があるのであれば泊まってみるのもよいでしょう。

・ゴールド・スーク

ゴールド スーク

ゴールドスークとは「金(製品)を扱うの市場」のことで市場には見渡す限り金の商品がずらりと並んでいます。ここはドバイ政府が直轄で管理しているため悪質な金が出回ることはまずありません。なので後は値段を商人とどのように交渉していくかがカギになります。せっかく楽しく旅行してもぼったくりにあっては損ですから自分である程度ラインは決めておき積極的に値切っていくようにしましょう。

アクティブティが豊富

・4WDで砂漠を滑走した後のBBQが最高

ドバイで最も人気のアクティブティですが砂漠の美しさと中東ならではの雰囲気を堪能できる砂漠サファリです。砂漠でのガイドの運転でアトラクションのような感覚で楽しむことができ、そのあとはキャンプ場にてラクダに乗れたり消えるタトゥーを入れたり等、ドバイならではの楽しみがあります。また夕暮れには砂漠を背景にBBQを楽しむことができます。私もこれ目的でツアーに参加しましたが非常によかったです。また参加したくなりました。

砂漠ツアー

中からの景色もあたりは砂漠一色です!

・今、上空での遊覧ディナーがアツい!?

中にはドバイ上空でランチやディナーを楽しむ「空中レストラン」なるものが流行っているそうです。ヘリや水上飛行機を使ってテーブルごと浮かせて食事をするというもの。斬新さは非常にありますが食器や食べ物が風で飛ばされてしまわないか心配になりますね。こちらおひとり様2時間で15000円程になります。一生の思い出に参加してみるのもよいのではないでしょうか。

治安がいい

ドバイは国々の中でも非常に治安がよいです。理由としてはイスラム教が主体となっている影響が大きく、禁止となっている行為や食事などが数多くあります。また女性は「守られるべき存在」であるという教えから現地で女性に手を出すことは禁じられているため女性同士で旅行に行く際にも安心して楽しむことができます。ただしいくら治安がよいとはいっても警戒心をなくしてしまうと旅行者を狙ったスリや置引きはあるので貴重品はかならず肌身離さず持ち歩くようにしましょう。

実は厳しいルールも。ドバイでの禁止事項について

ドバイ 落書き

ドバイは前述したようにイスラム教国ですので宗教的制約が多いです。知らなかったでは済まされないケースが大いにあるので下記で述べた事は最低限意識して、それ以外にも自分で調べておくとよいです。

  • 飲酒
  • 肌の露出
  • 断食(ラマダン)期間中の飲食や喫煙

電車編
移動ではタクシーのほかにメトロを利用するケースが多いかと思いますが意外とマナーが厳しいです。日本ではOKでも郷に入っては郷に従えですので注意しましょう。

  • 居眠り
  • 飲食
  • 唾を吐く、散らかす等設備を汚す・壊す行為
  • お酒の持ち込み及び、飲酒
  • 座席の上に足を置く行為

以上です。

注意しなければいけない部分も多いですが意識はしつつ最低限マナーを守ることができれば十分楽しむことができます。世界一が多いことで有名な国ですので人生で一度は訪れてみて損はないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です